忍者ブログ

6633 Arctic Ultraの紹介が載っているサイト。おそらく主催者側のカメラマンのサイトかな。写真が素晴らしすぎてうっかりまた行きたくなりそうな。
http://www.weronikamurray.com/6633-arctic-ultra-2017

明日からまた厳しい戦いに出発です。前日の(というか当日の)午前4時でやっとパッキングが終わったところ。寒いレースに比べると荷物が少ないので、少し多めに持って行って現地で装備を少し絞ります。


PR
6633の完走者インタビュー(アンケート)をお願いされていたので、google先生に相談しながら作文して、最後にポーリンに赤ペン先生してもらって、主催者のサイトに掲載してもらいました。少しでもこれから出場する人たちの参考になれば嬉しいです。

NHKのサイトに正式に番組紹介が出ました。

番組名:グレートレース「大氷原に立ち向かえ~カナダ北極圏567km~」
NHK BS1
5月5日 19:00~20:50
http://www4.nhk.or.jp/greatrace/x/2017-05-05/11/32601/2379294/

 

4/17に6633 Arctic Ultraの報告会をおこない私の6633は終了しました。レポート、写真・映像の整理、報告会と一度まとめてしまえば、後から振り返ってもその時のことを詳細に思い出せるので安心です。

報告会後に撮った写真にある国旗は2年前最初にユーコンに行ったときの壮行会寄せ書きの旗。これをフィニッシュまで持っていくというのを目標にしていてようやく今回できました、が、現地では旗を出す余裕もなくすぐに車に乗せられて撤収してしまったのでずっと荷物の中。6633関連イベント最後の最後で広げました。ありがとうございました!

グレートレースの放送は5月5日19時~NKH BS1だそうです。

報告会の資料をアップしました。
松村プロの6633編集。自分もこういう風に作れたらなあと思うけどプロと比べちゃいけない(笑)
松村さん悔しかったねー。しかしその場に立っただけでもすごい経験だし、私は3回目でやっとつかめた感じだけど、その価値はあったからまた挑戦してほしいです。6633は来年からアイスロードはなくなりフォートマクファーソンから先の3分の2くらいが新コースになるみたいだけど、主催者も素晴らしいコースになるだろうと言っているので、また出たいような気もしなくはない(レース中は2度とやらないと思っていましたがw)。

映像リンクはこちら
https://vimeo.com/212707366/52ed6e0a45
6633 Arctic Ultra ダイジェスト動画完成!撮影は私、松村さん、それとアイスロードの私の正面写真はカナダ・コーディネーターの長谷川さん。BGMはフリー素材を拾ってきました。こんなの作っていたらまた出場したくなってきた。次はもっとうまくやれると思うし。これを見てうっかりポチる人が出てきたら嬉しい。



 

633のGPSログを拡大して見たらCPやビバークで停止したところはログがくしゃくしゃになっていてピンポイントでどこで停滞したかよくわかるものになっていた。

添付の画像はマイナス37度でもうやばいとなっているときに広場みたいのを見つけてビバークしようか悩んだときのログ(結局先に進んだ)と、夜アイスロードを歩きながら行動食を食べていたらいつのまにかストックを落っことしてきてしまっていて探し回ったログ。思い出がよみがえる(笑)

GPSログ
https://drive.google.com/open?id=1FKfOfMpqNNbN_6jm6sFrTv3-QeY&usp=sharing

朝3時50分起床。4時10分チェックアウト。ホテル代約4万円を現金支払いにしてカナダドルを一気に減らす。空港送迎シャトルに乗って空港へ。空港には6633の参加者が2人いた。櫛田さんにソリを預けたので荷物の超過はなし。ソリがあったらサイズ超過の荷物が個数超過にもなるので追加料金がいくらになるのやら。

予定通り6時の飛行機でバンクーバーへ。8時30分にバンクーバー着。また雨が降っている。成田行きは15時でたっぷり時間があるので、ひとまず国内線のターミナルに留まりフードコートでレースレポートの作成をおこなう。朝ごはんとしてライスボール(ビーフ)を購入。12時近くまで3時間ほどレポートの作成をして眠くてアタアがぐるぐる目が回ってきたので国際線ターミナルへ移動。

乗る予定のAC3便は40分遅延している。フードコートでデラックスベントウボックスを買って昼食にする。カナダドルが残り少なくなったので、小銭を使いきるためにコーラとお菓子を買う。最後は自販機で細かく残ったお金を投入してぴったりを目指すが、おしくも50セント残ってゲームオーバー。搭乗ゲートのそばのベンチでまたレポート作成をはじめるが眠すぎて手がつかない。今回のレースのコース数十キロまっすぐで平らな道を進むとか、似たような場所や変化に乏しい場所がたくさんあるのでレポートが遅れれば遅れるほど思い出せなくなるので急がないと・・・zzz

<3/23(木)>
バンクーバーから成田へのフライトは約10時間。予定通り40分遅れのまま成田に17時30分ごろ到着。れなっち&そらが迎えに来ていて空港での夕食は五右衛門でスパゲッティー。ホワイトホースで桜寿司とか朝日屋とかパンダパンダ(ラーメン)とか行っていたので和食っぽいのは飽きた(笑)ちなみに現地でそれ以外だとステーキサンドイッチというのを3回食べている(笑)ガーリックトーストにステーキが乗っていてフライドポテトが付いているもの。ハイカントリーインのレストランで2回とドーソンシティのダウンタウンホテルで1回。別の場所にも同じメニューがあったということはメジャーなメニューだったのか?

成田からたまプラーザ行きのバス。それからタクシーに乗って帰宅。やっぱり自宅はいいなあと思いつつ壮大な旅行は終わった。

今日はイーグルプレインズからホワイトホースまで一気に移動。距離が1000km近くあるはずなので一体何時に出発するのか不安になり朝6時に起きる。様子をうかがいながらレストランで朝食にするが、みんなのんびり朝食にしていて急ぐ様子はない。朝はゆっくり出発してホワイトホース着が夜になるのかもしれない。9時近くになって急に動きが出てきた。ただホテルの部屋には最低限の身の回りのものだけで荷物はトレーラーと車に積みっぱなしなので体一つで車に行くだけ。9時30分ごろイーグルプレインズ出発。途中トゥームストーン準州立公園のところでトイレ休憩が数分あっただけでドーソンシティすら寄らずに車をかっ飛ばしていく。喉乾いたしお腹空いた・・・と限界近くなったお昼過ぎにようやくスチュワートクロッシングというところで車が止まった。売店とガソリンスタンドのみの小さな道の駅。売店で食事を買いたかったがそんなにいい食べ物があるわけではなかったので、コーラとお菓子を2袋買った。まともな食事はホワイトホースに着いてから。明日の午前中に取材インタビューがあるので車の中で紙にレースのポイントなどを書き出して自分の頭の中を整理しておく。さらに気の遠くなる時間が過ぎていくが18時すぎにホワイトホース着。思ったよりだいぶ早い。まだ明るいし、これならハイカントリーインで荷物を受け取りホテルを移動してからでも夕食に出かけられる。

ホテルはれなっちにウエストマークホテルを予約しておいてもらったので、ハイカントリーインからソリに荷物を積んでホテルの移動。それでも大荷物なので松村さんを夕食に誘いつつついでに?荷物を運ぶのを手伝ってもらった。お疲れのところ手伝ってもらったので夕食はおごりである。ゴールデン桜寿司でウナギ丼と寿司を食べた。このお店は中国の方がやっているお店だったけど、今年はお店に日本のポップスが流れていて、日本人の店員さんがいて、バイトの募集も日本語で書かれていて日本化していた。


夜にふと足の裏を見るとすごくきれいな状態。序盤で1つできた水ぶくれ以外には何も問題は起きなかった。むくんではいるもののこの感じならいくらでも続けられそう(足の裏的には)。久々に後のことを考えずにゆっくりすることができた。睡眠はネットとかしていてあまり長く寝なかったが、戻りの車の中で寝まくっていたので問題なし。

HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 9
11 12 14 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ