忍者ブログ
5/18(水)の夜は某所の研修会で「砂漠マラソン・極寒レース」の講演をしてきました。教育・研修をテーマに活動しているJSBM加藤くんにお誘いいただいたコラボ講演会です。

研修会はその地域の経営者や企業の役職者が集まる会だったので、そんな方々に自分の遊びの話をするのは恐れ多いことだと少し思っていましたが、会場に着いたら会場のサイズが20~30人だったのでほっとしました(大会場でなくて良かった!)。しかし自分たちの講演の前が「税制改正について」という超まじめなお話だったので、「この流れからの砂漠かー!」といったいどんな空気になるのか心配でした。

しかし始まってしまえば加藤くんがうまくリードしてくれたので、自分はいつも通り好きなように話すだけでした。最後は「もし皆様の部下にこんな人(2~3週間休暇を取って旅に出たい人)が現れたらどうしますか?」と投げかけて締めました。目を輝かせて話を聞いていただけていても、実際に目の前(職場)にそういう人がリアルに現れたときにどうするか?というのは非常に難しい問題だと思います。

その後の懇親会でもたくさんの方に話しかけていただき自分が全力で遊んだ話で喜んでいただけてよかったです。どうしても自分ができてしまった過去のことは大したことではないと感じてしまうので「こんな話でいいのかな?」と思いがちですが、そんなことは気にしなくてよさそうでした。
PR


JSBMのトレラン奥武蔵ステージ4を実施しました。飯能駅からぐるっと一周を4分割しておこなうトレランツアーも最終回です。今日は吾野駅から西武秩父線の北側の山をつないで飯能駅までの約18km。夏場の蒸し暑い時期のこれまでと異なり涼しい空気を感じながらの走りになりました。一度山に上がった後は割とアップダウンの少ないコースだから楽だったというのもあります。

この最終回はコース後半の巾着田でヒガンバナを見たいと思って9月下旬開催にしましたが、これがぴったりはまって満開でした。真夏は物見山周辺も暑すぎて人はほとんどいませんでしたが、今回は気候もいいしヒガンバナで観光客も集まっているからか北向地蔵あたりからはかなり多くのハイキングの人がいて速歩き区間が多くなりました。

そんな中向かいからトレイルランナーの一団が走ってきて「こんにちは!こんにちは!」と声をかけながら、両腕を広げて華麗にバランスを取りながら駆け下っていきました。「こんにちは!」って連呼すればいいってもんじゃないだろうと思いましたが、せっかく講習中なので悪い見本としてご紹介させていただきました。すれ違い・追い抜きの際は歩いたほうがよいです。

これで試走・本番とけっこう奥武蔵に通ったので、仕上げは一度に一周でしょうか(自分の練習として)。ハセツネ一周もまだ通したことがないので、ユーコンまでにこの2つやって心残りないようにしたほうがいいな。


いつものトレランガイド業務をしてきました。
戸田駅でいきなり電車に乗り遅れて集合場所の正丸駅に8時57分到着(遅刻ではないけどガイドとしてはもっと早く着いておきたいという意味で)9時15分くらいに正丸駅を出発。正丸駅~旧正丸峠~刈場坂峠~顔振峠~吾野駅と走る。今回の参加者はいい走力をお持ちで登りも走っても問題なしでした。でもぴったりついてくるからなるべく走るようにしていたら実はちょっときつかったみたいです。

吾野駅に14時10分にフィニッシュ。通常の私が担当しているJSBMトレランよりもだいぶ速い。おしゃべりをして14時37分の電車に乗って帰るのを見送って私は再び山へ。次回の奥武蔵ステージ4の下見兼自分のがっつり練習のため。下ってきたばかりの登山道をまた登るのは精神的にちょっときつかった。吾野駅~顔振峠~北向観音~巾着田~飯能駅と走る。巾着田で腰を下ろして飲食したらどっと疲れを感じるようになった。高麗峠あたりで森の中のトレイルは暗くなったがライトは使わずに山を抜けることができた。飯能駅18時10分ごろフィニッシュ。ルートラボでは36km(体感ではもう少しある)。

今日は朝から山に黒い雲がかかっていて雨・雷が心配だったが最後まで何事もなかった。ずっと黒い雲には覆われていたのだが天気が持ってよかった。

これで今月はようやく走行距離314kmと300km超え。先月(295km)先々月(292km)と基礎体力維持ラインと考えている300kmに到達できずだったが、内容の濃い練習に入る準備はなんとかできたかな。疲れを残さずに涼しくなる9月に入るのが理想だけど少し体は重い。
9月からは本当にがんばろう・・・。
  

昨日に続き奥武蔵。高麗駅に9時集合でJSBMトレランスキルアップ~地図読みの基礎~を実施しました。基礎なので(私は基礎しか教えられないのでw)まずは高麗駅前で座学的なことを駆け足で。1時間くらい地形図のこと、コンパスの使い方2パターンなどお話しトレイルへGo!トレイルは昨日は蜘蛛の巣や虫がすごかったけど、今日は蜘蛛の巣は払い済みなので一晩で復活した少量で蚊も見かけませんでした(夕方になると出てくるのかも)。尾根、沢、ピーク、鞍部の説明をしつつ物見山へ。最初は全て説明していたところから少しずつ判断を参加者に振ってみる。

物見山三角点で休憩後予定していたルートへ降りていくと、雷が近くなってきたなと思ったら急に冷たい風が吹いてきた。予定ルートを降り切って雷が来ていればロードを走って高麗に戻るか、今すぐ引き返して前半の逆ルートで参加者主体のナビゲーションをしてもらうか(これが当初の予定)迷ったが、すぐに引き返せば参加者主体の実習を予定通りできるかもしれないと考えて戻ることにする。しかし物見山ですでに冷たい空気が吹き荒れて雷も至近距離に。

地図読みをしている場合ではないと考えて最速のルートで下山することにした。どっちにしろバリバリと雷が鳴っていたら落ち着いて地図見ていられないだろうし。日和田山のほうへ下山していると「バーン!バーン!」と近くで爆発音が聞こえるようになり光の柱が地上に突き刺さっている。さすがに恐怖を感じ日和田山経由も止めロードを高麗方面に駆け下る。土砂降りの雨の中無事に下山。雷が自分たちに直撃する可能性は低くてもゼロではなく、当たったら一発で終わりなので「今どうするのが最善か?」脳みそフル回転しながらの下山だった。

高麗駅に戻り地図講習は後半キャンセルで逃げてきてしまったので、雷について自分の知っていること過去に対処したことのお話をしたところ、参加者アンケートの「本日の講座を受講してためになったこと」の欄に4割の人が「雷の注意点・逃げ方」と書いてくださっていました。良い経験になったようでとてもよかったです。以上、雷講習でした(地図読みは半分で終わってしまいましたw)。

添付の写真はJSBMガイド平川さん撮影。ありがとうございました!

  

吾野駅に9時集合でJSBMトレイルJOYRUNを実施しました。暑くなると覚悟はしていましたが・・・とんでもない猛暑でした。コースもアップダウンややきつめなので登っているときの暑さはまさに修業。それでもハイキングの人はけっこういてきちんとトレッキングパンツでトレランの私たちよりも重そうな荷物を持っているのだからすごい。休み休み進み正丸峠から正丸駅に下山しました。

そして参加者の方と別れたあとは高麗で途中下車し明日の地図読み(ナビゲーション)講習のコースチェック。コースを歩きながら明日出題する極悪課題を考えてきました。こちらも蜘蛛の巣が張り蚊やセミがぶんぶん飛んでいて不快感MAXでした。参加される方ご期待ください!

今日は行動中、帰宅中、帰宅後、いったい何リットル水分飲んだんだ?というくらい給水しました。来年はもう7月8月は標高1500m以下の場所でイベントはしないと心に誓いました。(それか雨天のみ実施のイベントにするとか)

HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター