忍者ブログ
2カ月以上振りになってしまったパラグライダー練習。仕事が忙しくとも思い切って現地へ。

珍しく富士山がきれいに見えるほど晴れた状態でBコースの自分が飛ばせてもらえる気象条件。富士山を見ながら飛べたのは初めて。しかしお昼前後は風が強くなり待機になったのでランディングで仕事を進める。

午前2本、午後2本飛べて適度な風があって飛びやすかった。1度はライズアップのときにキャノピーが傾いたが片方のブレークコードを引いて立て直してそのままテイクオフできたのが嬉しかった(偶然直った感あり)。ランディングは地上からの指示なしで飛ぶたびにターゲットに近づいていけたのでよかった。

Bコースの卒業が見えてきて、次のコースからレンタルを使えなくなるので、帰るときにパラグライダー購入の見積もりを作成してもらった。ネパールに行く前に発注して、年明けに受け取って次のコースに入れるという流れがいいかなと思う。
PR


パラグライダー練習7本。これまで3日で8本のフライトをおこなっていたが今回は1日で7本。全部で15本になった。無線の指示が減って自分の判断に任されることが出てきた。そのためランディングは全然ターゲットの中に入らない(高度の判断と処理が微妙)。いままでは「そこで右、そこで左ー」とずっと指示が出ていたので。

今日は動画を撮っていなかったが、だいぶ今日の進歩を感じたところで7本目に動画撮影。そうしたらテイクオフで浮力が足りずに飛び出して腰から下が木に突っ込み軽く藪漕ぎ(危ねー)。ランディングは今日の中で一番うまくできたと思う。

そろそろ自分のグライダー買ってもいいかもねーと言われた。

帰りに富士山太郎坊に寄って富士登山駅伝3区。へろへろだったので流して走ったが29分6秒。30分切るとは思わなかった。太郎坊にも駅伝中継所の看板が設置されました。そろそろ本番に向けて調整に入ります。

朝霧高原の天気予報を見て久しぶりに雨ではなく曇りだったのでパラグライダー練習に行く。Bコースの自分はまだ風が弱い時にしかフライト許可が出ず、日中に直射日光が当たると気流が発生してまず飛べないため、どんより曇り空狙い。

到着すると予報よりも天気が良く晴れ間が出ていたがしばらく待つと雲が下がってきて風がなくなった。特に午後は風が弱すぎていつもはライズアップして走りだすと上に引っ張られるような感じがするのに今日はそれがまったくなく飛び出しが不安。少しでもためらって(迷って)力が抜けるとキャノピーが落ちてしまう。インストラクターがやり直そうと止めなければいいかってことで、キャノピーをチラ見して(風があるとしっかり見上げている時間がある)力いっぱい走って飛び出すと「ナイステイクオフ」と無線の声が飛ぶ。上に引っ張られる力をほとんど感じず崖から飛び降りる感じで怖いんですけど。

風がなさすぎるくらいだったがBコースの練習にはちょうどいいようで今日は4回飛ぶことができた。山からの通算フライト数は8回で、Bコース卒業には最低30フライトとのこと。

その後富士登山駅伝3区。28分13秒。最初の急傾斜でもう歩くかも!?と思ったがなんとか最後まで歩かず。太郎坊直前の急傾斜はスローモーションで(笑)去年の練習より1分25秒くらい遅い。せめて26分台目指してがんばろう。しかし本番より涼しくて走りやすい状態で走っているのにこのタイムで、ここからどれだけ伸ばせるのかと考えるとやはり苦しい。

今日7/10が山開きということで、太郎坊の駐車場はそこそこ車と登山者います。ランナーは時間が遅かったので3区で1人しか見ませんでした。

ちなみに本番で3区を走るのは安曇選手です。

360度カメラを頭に付けてパラグライダー飛んだらおもしろい動画になった。自分が見ている風景だけでなくキャノピーの状態や後方まで確認でき、さらに高度やスピードも表示できて、風向きによってスピードが変わるのがわかる。風の音がうるさいからカメラ正面のマイクはちょっと工夫しないといけないな。

午前中は晴れて正面に富士山が見えていたが、Bコースの自分が飛ぶには風が強すぎでランディングで待機。パソコンで仕事しながら待つ。午後になると曇ってきて太陽が隠され気流が弱くなったのでテイクオフに上がったが、なかなか風が良くならず2時間近く待機。テイクオフ待機のときもノートPCを持って上がって何か作業してればよかった。ハーネスの装備を入れるポケットに入れて飛べるので。ノマドワーカーならぬ風待ちワーカーになれば時間の無駄もなくてなんか優雅な感じ。

パラグライダースクールの帰りに富士登山駅伝4区。一昨日より3分速い39分35秒。リベンジ完了!(筋肉痛でも40分は切れるということでよしとする)次のパラグライダースクールの帰りは去年の本番で不甲斐ないタイムを出した3区のリベンジ。
パラグライダー初めて山から1人で飛行(地上から無線指示付き)。ランディングに近づいているときにポケットからスマホが山(森林)に落ちてしまい着陸後にランディングで見ていた人に何か落ちたよーと言われて「あの辺」と範囲は絞れていたので山の中を探し回って見つけることができた(スタッフの方も一緒に山に入ってくれてご迷惑おかけしました)道路から近かったので助かった。その後もう一回山から飛んで終了。無事に楽しく飛べてよかった。

スクールに戻ってフライト記録を書くときに「何分くらい飛んだ?」と聞かれて「7分くらいだったような」と言ったら「(Bコースで)7分はかなり長い、せいぜい5分くらいじゃないかな」と言われて5分と記録したが、動画を見たら7分ほど飛んでいた。風で持ち上げられたりしていたのかな。2本目は風が弱くて早く降りた気がしたが、動画を確認したら6分だった。
今日は1ヶ月ぶりになってしまったパラグライダースクール。最近珍しく?忙しくてずっと引きこもりなので無理やりな感じ。引きこもり生活はもうしばらく続きそうだが。

スクールに到着すると雨が降り始め室内で学科をしてもらっているうちに雨が止んだすきに短時間集中で丘で練習4〜5回飛んだかな。今日は正面からの緩い風だったので簡単だったがわざと風と正面にならない向きでテイクオフしたりして練習した。またすぐに雨が振り始めたので13時ごろで終了。今日でAコースは卒業になり次回からBコース。

早く終わったので富士山御殿場口太郎坊へ。富士登山駅伝4区の試走。来月のチーム内予選のコース。雨はやんだが強風で進まない。つづら折分岐まで32分。遅いけど風強いし今季1本目だからとりあえず登ればいいかと切り替えて中継所を目指す。次回のために一応タイムを取っておきたかったが登山道が不明瞭なところがあって気付いたら47分経過し5区に入っていた。10年以上来ているのにいまさらオーバーランするとは。おそらく4区は43分くらい。
パラグライダー練習4回目。午後にタンデムで山から飛びませんか?と言われて山へ。次のBコースで飛ぶコースの説明をするという。テイクオフしてからブレークコードを渡されて後ろから「右に曲がって、もう少し引いてー」と指示されながら自分で操作している風に飛んだ。今日でAコースのインストラクターがチェックする項目が全て終わり「Aコース卒業でもいいけど?」と言われたが、もう少し丘で練習したいですと拒否。でも次回は丘で練習しつつ条件がよければ山から飛びましょうとのこと(もちろん無線指示付き)。

Bコースから自分の機材を買わないといけないかと思っていたが、Bコースもまだ貸してくれるみたい。借りるのは無料なので練習場の利用料1日3000円しか払ってないので、今のところ意外とお金かかっていない(費用の大部分は交通費)。

今日は終わったあと長者が岳でも登ろうかと思っていたがトレランシューズとヘッドライトを忘れたのでまっすぐ帰る。パラグライダースクールの近くにUTMFのコースマーキングがすでにありました。

パラグライダー練習をしに朝霧高原に行く。車移動中、沼津あたりまでかなり雨が降っていて練習できるのか?と思ったが、朝霧高原に着くと雨は止んでいた。天気予報は少し前までは晴れだったので練習の予約をしたのだが、当日は雨のち晴れになり、最終的には午後から雲が低くなって完全な雨にはならなかったがパラグライダーが湿って時間が経つごとに重くなっていくという状況だった。

午前は練習場の正面(南)から強めの風が吹いていたが真正面から一定に吹いてくるのでなんかうまくなったような感覚。前回の練習の時は着地でパラグライダーがひっくり返ってラインがからまることが多く、ラインをほどくのに苦労している時間が多かったので、今日の目標はきれいにパラグライダーを降ろしてラインがからまないようにすることを意識した。結果的にはきれいに降ろせる確率がだいぶ上がって、ひっくり返ってもからまないように戻すことができたので、ごちゃごちゃのラインと格闘することは一度もなかった。

午後はインストラクターさんが動画撮りましょうかと言ってくれて、午前中にいい感じに飛べていたので気を良くしてGoproを渡して動画を撮ってもらった。ところが午後は風が弱くなったのはいいが西寄りの風になり、キャノピーを立ち上げると横にふらふらして離陸前にキャノピーが落下を連発。ようやく飛んでも風が弱いのでちょっとブレークコードを引きすぎるとすぐに失速して落ちてしまう。午前中は実力ではなく風に飛ばされていただけだったと実感した。

動画を見直したら思った以上にどたばたしている。よろよろと立ち上げてから走り方もふわっとした感じでなくばたばた(笑)しかし前回よりは準備もスムーズになったしキャノピーが頭の上で完成する感覚もわかって進歩は実感できた・・・ような気がする。
 
忙しさと天候が合わなくて3週間ぶりの朝霧でパラグライダー練習(通算2日目のスクール)。高いところを飛んでいる写真は私ではなく、私はちょっとした丘で基礎練習(後ろ2枚の写真は私、取材で来ていた小貝さん撮影)。初心者の立場で新しいことを学ぶのは楽しいが、子供の時と違ってなかなかできないと先生に対して申し訳ない気持ちになってしまう(笑)練習終わってスクールに戻ったらUTMF運営のクララが打ち合わせに来ていて驚きました。UTMFがんばってください!
体験ではないちゃんとしたスクールの一日目。凧上げのようにキャノピーを頭上にキープできるといいのだが、キャノピーの位置を感覚的につかめず苦労した。あとキャノピーが変な落ち方をするとラインがこんがらがって次のスタートのセッティングが大変。というのを少しずつインストラクター頼りではなく自分でできるようにしていく。今日の最終的には前後のキャノピーの位置はなんとなくわかるようになったが、立ち上げた時に横風を受けて流されるとうまく戻せない。最後に丘の一番上から2回飛べた。とりあえず練習は週1回目標で。仕事はしてます(笑)

HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/26 anadolu yakası masözleri]
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ