忍者ブログ

アドベンチャーDIVASクリスマス会(外資系なので忘年会ではなくクリスマス)。DIVASの走る系歩く系いろいろなイベントに参加されたみなさんが集まってくれました。私は走る系(トレラン)のナビゲーターを5年務めましたが、来年はトレランのナビゲーターは若手きむちゃんに引き継ぎ、新シリーズ「かもしかファストパッキング」のナビゲーターをします。

ほんとうはクリスマス会でイベントの詳細を発表しなければいけなかったのですが、具体的な計画を作れるレベルに落としこめず、まだ社長と検討中です。しかし「DIVASじゃないとやらない」ものになるはずです。

がんばります。。。が、うまく説明しづらいものだけにコンセプトが固まりきらない最初のうちに参加するとより楽しいかもしれないと今日話した方には伝えました。なんとなく最初のころが自由すぎて笑えたというイベントになりそうな気が(笑)
PR


DIVASトレイルラン宮ケ瀬&イルミネーション。今日で2018年の山を走るお仕事、DIVASトレラン担当の5年目終了です。今年も1年間ありがとうございました。来年はー、DIVAS公式からイベントカレンダー出るまでは書かないでおきますが少し役割が変わるかも、たぶん。。。



DIVAS山を走るお仕事。きむちゃんと宮ケ瀬へ下見。最近3~4日に一度しか走っていないので走るときはなるべく負荷を上げる。今日に限ったことではなくきむちゃんと走るときはせっかくの機会なのでできるだけがんばることにしているが。12月1日(1か月後)のトレランツーリングに使うコースでコース状況と当日の時間配分の感覚をつかむ。景色もいいし、登りは激しく、下りはゆるめで走りやすいとてもいいコース。夏はヒルが多いらしく来れないのが残念だ。本番では走った後でクリスマスイルミネーションを見て帰ります。きむちゃんが宮ケ瀬湖からバスに乗らず10kmくらいロードを走るというので一緒にロードを10km走ってからバスに乗って帰った。よく走りました。

<DIVASイベント情報>
FUN FUN メリークリスマス・トレイルラン:お申込み期限11/26(月)
https://www.adventure-divas.com/…/12-1-ff%E5%AE%AE%E3%83%B…/

<動画>
Gopro7で撮影
https://youtu.be/406L_kBmjPc?vq=hd1080



何かと忙しく完全徹夜からのミーティング2つ。真面目なミーティングですが徹夜明けとは思えない楽しさ。30時間以上連続稼働中なので帰ったら意識失います。それから考えたことを発信できる言葉に表すのにちょっと苦しむことになりそうです。。。わくわくして企画するのは大事だけど、妄想から具体化するのは大変。

Divas業務で那須連山トレラン。朝は始発で新幹線。那須塩原に着いたときはきれいに晴れていたが、バスで大丸温泉まで上がるとだんだん曇ってきた。トレラン開始して三本槍岳に向かって登っていくと完全にガスの中。紅葉や下界の景色は途中で見ることができたが、三本槍、朝日、茶臼の山頂の景色はまっしろ。

なんとか鹿の湯の営業時間に間に合い温泉に入る。激しい硫黄臭の温泉に入り「そういえばおれはこの後、電車で都内を通って帰るんだけど大丈夫かな」と思った(たぶん大丈夫じゃない)。

那須からの帰りはDivasサポートカーに都内まで乗って行きそこから電車。車で爆睡したら変な寝癖がついていて、しかも(たぶん)硫黄臭という状態。

楽しい場所を一緒に走ってくれる人たち(エントリーしてくれた皆さん)がいることに感謝です。



  
FBより転記

アドベンチャーディバズ合宿1日目。三ッ峠山から長い下りで河口湖へ。適度な運動量とのんびり過ごす休日(私は仕事としてだけど、のんびり楽しい)

アドベンチャーディバズ合宿2日目。コースは熊森山から天子ヶ岳下ったところまで。今日はポーリン(社長)に講習会形式でいってみよー!と言われたので(前日の様子を踏まえスタッフミーティングで決めた)動きの解説を多くした。夜は外でバーベキューで貝がめちゃ旨でした。バーベキューといえば長野在住時を思い出します。近所でできるからよくやってました。

アドベンチャーディバズ合宿3日目(最終日)終了。去年の合宿に続き3日とも富士山展望スポットから富士山見えず。走り終わったとたんに土砂降りの雨。河口湖集中豪雨で電車が止まり参加者のみなさん帰れていません。うちは車でのんびり下道の旅かなー。
  
アドベンチャーディバズの山を走るお仕事。今日は川を歩いたり渡ったり飛び込んだりするトレランの予定だったが、朝一で現地試走したところ川は増水してまったく入れず。ラフティングができるレベル。金剛の滝も普段少ししか水のないところが普通に川になっていて、滝に行くために通り抜ける穴も水が流れていて滝までいけなかった。いつもと様子が違っていて面白かったが。昼からは天気も回復し灼熱のトレイル。夏に標高の低いところで走って水にも入れないのはきつい。参加された皆様お疲れ様でしたー!

DIVAS勝沼トレランの下見にきむちゃんと出かける。猛暑時間帯を避けて8時に勝沼ぶどう郷駅で待ち合わせ。スタート前は通る登山道を変えて2周(30km超)しようと話していたが、激登りと暑さにやられて1周で終了。エスケープルートの下見も含めて20km、1800mアップでした。

 

アドベンチャーディバズの山を走るお仕事で軽井沢へ。雨覚悟だったが、笹に着いた水滴で濡れてときどき寒かったくらいで、見事な雲海も見れて楽しいトレイルランニングでした。
アドベンチャーディバズのテント泊山旅イベントに参加。ナビゲーターは山岳ライターでガイドの柏澄子さんです。私はディバズでトレイルランニングのナビゲーターをしているので一般参加とは別枠のオブザーバー(研修的な)という感じです。私のテント泊は2009年くらいからですが、シェルターで簡易的なテント泊しかしてこなかったので、テント泊イベントに参加してちゃんとできているか確認しようという目的です。

金曜日の深夜に自宅を出発し中央道・双葉SAで仮眠して7時に集合場所の美濃戸口バス停に到着。イベントの集合時間は10時15分なので、その前に自分のトレーニングで山に登ります。本当は4時ごろ到着して阿弥陀岳経由で赤岳まで往復しようと思っていましたが、自宅出発が遅くなってしまった。美濃戸口バス停を7時20分に出発。戻りは余裕を持って集合時間の30分前にしたいので最大で1時間30分で引き返すと決める。御小屋尾根で阿弥陀岳を目指す。なだらかで走れるところが多い登りトレイルが続く。1時間30分で引き返す(最大2時間30分行動)と割り切っている分荷物は少なく軽いため、見積もりよりも速い進行。もしかしたら阿弥陀岳の山頂まで行けるかもしれないと思ったが1時間25分時点で標高2550m。壁のような登りが雲の中に続いている。阿弥陀岳は2805mなのであとたった250m。20分程度で行けそうだが予定通り引き返す。あと少し早く出ていれば行けたのに残念。9時40分に美濃戸口バス停に戻り。阿弥陀岳行けたような気がする(笑)集合時間に戻れても荷物の入れ替えで微妙に遅刻しそうだからやめて正解だったけど。

車でトレランと登山のザックを入れ替えて集合。今日は赤岳鉱泉まで緩やかな登りを3時間ほど歩きテントを張って、講習して、夕食作り。共同装備の分担を引き受けた状態で荷物の重さは13.3kgだった。3時間の歩きの後半はかなり脚がだるく眠くなってしまった。夕食作りの前に30分だけ眠った。夕食はディバズ側で用意した食材をグループごとに受け取って切って、炒めて、煮込む、程度で完成。食事の後は参加者のみなさんでそれぞれのテントを見回ってお家拝見が楽しかった。非常に眠かったので夜は爆睡。2回目が覚めて1度トイレに行ったが眠れなくなることはなくすぐに爆睡できた。
4時に起きて朝食と出発準備。赤岳鉱泉から硫黄岳まで往復して戻ってくるのでテントはそのままにして荷物も少なくして登る。4時50分に出発して7時15分ごろ硫黄岳到着。全方向晴天でよい景色だった。7時30分過ぎに下山開始するころには山頂にはどんどん人が増えて混雑。4時50分出発という設定は5時出発にすると区切りのいい時間に出発する人が多そうで混雑に巻き込まれるからということだったが(だったと思う)まさにその通りだった。

赤岳鉱泉に戻りテントをたたんでしばらくのんびりしてから美濃戸口に向かって下山。歩きやすいだらだら下りを歩いていると眠くなってしまう。カフェインを投入してなんとか意識を保ちつつフィニッシュ。正直なところ普通に歩くだけなら楽ちんと思っていたが、脚のだるさと荷物のずっしり具合で肩が痛いのと、眠気でいっぱいいっぱいだった。下山時の荷物の重さは10kgちょっとで全然重い範囲ではなかったんですが・・・。

予定より早く13時に解散になったので、時間的にもう一度山に登れるなと思いましたが、ここから行くとすると集合前に登った阿弥陀岳~赤岳に行くしかなく登っても今日の硫黄岳とほとんど同じ景色が見えるだけなので悩む。別の山に行くにも別の地図を持っていないし、行くなら富士山に富士登山駅伝の試走に行くか?くらいの選択しかない。とりあえず帰る方向に向かって中央道・一宮御坂ICまでに富士山に向かうか判断することにした。結局また眠くなり、双葉SAで睡眠を取ったので富士山に行くほどの時間はなくなりまっすぐ帰った。中央道が小仏トンネルで20km以上の渋滞になっていたので都留ICで高速を降りて道志道で帰った。都留IC~道志道の迂回は峠道が苦にならない人にはお勧め(今回初めて行ってみた)。

今回普通のテント泊をしてみての感想は、快適で楽しかった、ペースがゆっくりなので話もできるし。でも今のところの好みだと荷物のサイズはやっぱり30リットルくらいにして(快適さはある程度削って)さくさく動けたほうがいいかなと思った。そういう好みとは別に、やっぱり参加者層が違うので新しい交流が生まれるという点で参加させてもらってとてもよかった。またよいタイミングがあれば参加したい。
HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
3 4 5 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ