忍者ブログ
富士登山駅伝・Team白樺 レポート

■チームの結果
4時間52分6秒
一般の部:47位(完走99チーム中)

下り太郎坊の関門には5分56秒足りなかった。しかしここの繰り上げでは全体の半分以上になる67チームが繰り上げになったという話もあり(正式には未確認)繰り上げにかからないことが目標ではあるが、それ自体が悪い結果とはあまり思わない。来年の出場権が確実な5時間以内にいること、猛者揃いの大会の中で半分より上位にいるのは素晴らしい(自衛隊を除く一般の部の中でだけど)。また今回は全員が満足できる走りをできたわけではないのに、この位置にいるというのがチームとして力がついたと感じる。いいチームだなあと思った。

■個人(樺澤)の結果
3区:27分15秒、74位/100チーム中

目標は9年前に3区を走った時の25分30秒、1週間前の試走では26分54秒、ということで少なくとも26分以内という自信はあった。しかし後半潰れ気味になり試走と変わらないようなペースになってしまった。特に最後の激坂1kmは試走よりも30秒遅くなってしまった。気象条件のせいにはしたくないが、日差しがきつくかなり暑く感じたのが原因の1つとしてあるとは思う。3区は全体的に低調なタイムだった気がする。

9区:14分43秒、70位/100チーム中

太郎坊一斉繰り上げスタート。下りなので勢いでがんばるのみ。どちらかというと下りが苦手で登りより下りのほうが順位が悪いことが多いが今回は下りのほうが順位がいいのでがんばれたんだと思う。しかし9年前の自分は14分3秒であった。恐るべし9年前の自分・・・。まだやりようによっては10年前の自分に勝てると思うので来年もう一度3区に再挑戦したいという思いはある。しかしチーム内予選を通過するのが難しくなりつつあるので、来年は富士登山駅伝のみに集中して練習する必要があるかもしれない。

■全体的な感想
毎年、夏の最大のイベントとして気合いを入れて参加しているが、去年はPTL出場のためサポーター志願にしたので2年ぶりの出走。一番緊張するレースだがやっぱり選手で走るのがいいなと思った。本当に厳しいレースなので、選手として参加できる自分に残された時間は少ないと思っているけど。同じレースに繰り返し出ているのは富士登山駅伝だけで、このレースはほんとうにおもしろい。本来自分は短く追い込むのは苦手(好きではない)だが、これだけは別物。
来年はTeam白樺が富士登山駅伝20回目の出場で記念表彰される。記念の大会だから選手として走れるように少なくとも来年はがんばりたい。自分は今回で12回目、来年走れれば13回目になる(1区:2回、2区:2回、3区:2回、4区:1回、5区:1回、山頂:4回)
PR
PTLに向けて最終段階に入ってきた。7月末で鍛える練習は終了し、まずは今週末の富士登山駅伝に向けて休めているところ。去年に比べると練習はだいぶ順調なはず。去年は6633後に腰や股関節が痛くてだましだまし走っている感じだったが今年は完全復活(痛くないという意味で)。ただ今までと同じ感覚でやっていると練習量が400kmに届かなくなり「回復力が落ちてる?」と感じる。

■練習量:去年と今年
3月:(去年)637km(566kmは6633レース)、(今年)390km
4月:(去年)248km、(今年)385km
5月:(去年)287km、(今年)308km
6月:(去年)245km、(今年)370km
7月:(去年)332km、(今年)350km

今日はPTLの義務装備に加わったヘルメットとハーネスを買ってきた。主宰者の指定する区間のみ持っていけばいいので(もしかしたら不要になる可能性もある)わざわざ買わずに自転車のヘルメットと古いハーネスで済ますという手もあったが、荷物が重くなってしまうためPTLで使うなら最適と思われる超軽量なものを新しく購入。多くの時間をつぎ込むチャレンジのときはわずかなお金をケチったほうが損害が大きくなるのでお金で解決できるものはベストなものを!新しいハーネスは空中懸垂したらお尻に食い込んで痛そうです。懸垂下降とかないよな?一応手順確認しておいてほうがいいかな?(下降器やカラビナは義務装備に書いてない、でもカラビナとスリングくらいはいるよな)

それからGPSストアに行って、ハンディGPSが「ロック解除できません」というエラーを出して日本地形図(TOPO)が表示できなくなってしまった件の相談に。SDカードの容量が空いていたのでPTLのためにフランスのフリーの地形図を同じSDカードに入れたりしていたら元から入っていた日本の地形図が読み込めなくなってしまった。基本的には壊したら復活してくれないらしいが技術者に直接問い合わせてアンロックのファイルを作ってもらえるか聞いてくれるというので、SDカードを預けてPTLは別のSDカードにフランスの地形図を入れて使うようにした。製品版のSDカードに余計なものはコピーしないほうがよさそうです。
2年に一度の火星接近の日ということで木星、土星、火星、月を望遠鏡で見た。先日軽く試した後、メーカー問い合わせもして望遠鏡を使った拡大撮影ができる状態にできた。しかし撮影をしようとしてみるとどうやってもピントが合わない。アイピースを使った拡大撮影なんかはカメラの視野に何も映らず真っ暗なまま(焦点がまったく合っていないと思われ)。望遠鏡のガイドスコープでは真ん中に入っているのに・・・。一番簡単な月の直焦点(あまり拡大しない)すら望遠鏡のピント合わせのネジを回せる範囲内でピントの合う位置がなかった。たぶんとても古い規格の望遠鏡に当時のカメラアダプターを付けているが、そこに現代のカメラTリングとカメラを接続しているため長さが合わなくなっているのでは?という予想。

実は天文部時代(それ以降も)望遠鏡を使った撮影はしたことがないので(カメラアダプターがあるのでやろうとしたことはあったらしい、月を撮影した記憶はある)正しい状態というのがわかってなく、機材が古いので今さら調べても情報が見つからない(説明書もない)。この状態から望遠鏡での撮影を目指すのは無駄な苦労が多そうな気がしてきたのでとりあえず終わりにする。

そもそも拡大撮影の方向に行かなかったのは、そういう写真って誰が撮っても同じものにしか行きつかないのでは?と思ったからだった。見栄えのする(拡大)天体写真は「いい機材(金)」「画像処理(技)」「いい条件(時間)」の組み合わせで、高いレベルで揃えても出来上がるのは雑誌に載っているようなやつという結果が見えているので、それには私は魅力を感じなかった。究極的には宇宙望遠鏡で撮影してCGで色とか付けられたら絶対かなわないし。

というわけで、今持っている望遠鏡で撮影するのはあきらめて空っちがもっと大きくなったら新しい機材一式揃えて空っちに撮影させることにします。

以上、うまくできなかった愚痴でした(笑)
仕事を投げ出して富士登山駅伝の試走(仕事は夜中でもできるし)。太郎坊に車を置いて馬返し上まで下ってから3区アタック。9年前に3区を担当したときの25分30秒あたりが目標タイムになるので試走でも27分は切っておかなければならない。序盤から「あれっ?」っていうくらい苦しくペースを上げたい平坦区間も我慢の走り。最後の極悪上り1kmは歩きそうになるのをかろうじて堪える苦しい走りになった。感覚的には本番やばい!という感じだったが時計を止めると26分54秒でセーフ!という感じだった。これだけよぼよぼで27分切れれば少し安心。最低ラインを確約できたので試走に来て良かったと思った。

3区だけで廃人になっていたが富士山まで来て3区一本で帰るのはもったいないので4区をお散歩ジョグ。ゆるゆるだが気持ちよく走れて44分55秒だった。

あとはがんばって体を休めます!
  
アドベンチャーディバズの山を走るお仕事。今日は川を歩いたり渡ったり飛び込んだりするトレランの予定だったが、朝一で現地試走したところ川は増水してまったく入れず。ラフティングができるレベル。金剛の滝も普段少ししか水のないところが普通に川になっていて、滝に行くために通り抜ける穴も水が流れていて滝までいけなかった。いつもと様子が違っていて面白かったが。昼からは天気も回復し灼熱のトレイル。夏に標高の低いところで走って水にも入れないのはきつい。参加された皆様お疲れ様でしたー!



今日は小貝さん(写真家&冒険家)が取材に来てくださいました。テーマはスピードハイク。山でもランでもなくパラグライダー方面からの取材です(私はパラグライダーやっていません)。パラグライダーも機材の軽量化により自分で背負って山を登って(走って)飛ぶというスタイルが熱いのだそうです。ランナーが山つながりでスキーやMTBをする人がいるように、そのうちパラグライダーを始めるランナーが増えたりして。空っち(子供)にパラグライダーをやらせてみるという手もあるな~(10年後くらい)。

久々に望遠鏡を出してみた。薄く雲がかかっているけど一応見えたし赤道儀のモーターも動いた。写真も撮りたくなるかもと思ってOMD用のアダプタも買っておいたのだが、もう一つ部品が必要なようで今日は望遠鏡にカメラ取り付けできず。使い方も忘れていて、後付けで買った部品やネジがあまっていてどれがなんだかよくわからなくなっていた。

空っちに月を見せてみたが、まだ片目を閉じることができないのでうまく見れないようだった。25年以上前のものなので空っちがちゃんと見れるようになったら大口径のやつを買いたい。極軸望遠鏡のスケールも(古すぎて)全然足りなくなっている。ちなみにうちから北極星はまだ確認できていない。その方向は空は見えているけど2等星を見るのがちょっときびしいか?
新横浜夜練習。猛暑と先日の山の疲れで走り切れそうになかったため、ある程度の質を担保できるように3, 2, 1のインターバル。他の人は12kmのミドルペース走。1.22kmの周回を3周速く走って、1周レスト、2周ペース上げて、1周レスト、最後に1周全力。これだとがんばる時間が短くなっていくので、疲れていてもまあまあがんばれます。

1.22km, 8Lap(4'57, 5'02, 5'00, 6'18, 5'03, 4'59, 6'46, 4'50)
  
7/14朝~7/16朝の約48時間で南アルプスの北側周回。最大プランからショートカットの連続で予定よりもだいぶ小さくまとまった。数字データはざっくりです(正確さにこだわってなくおおよそのボリューム)。

■コース情報
竹宇駒ヶ岳神社~甲斐駒ケ岳~北沢峠~仙丈ケ岳~三峰岳~間ノ岳~北岳~広河原~地蔵岳~御座石鉱泉~(ロード約12km)~竹宇駒ヶ岳神社
距離:65km
獲得標高:6300m

■睡眠時間
4時間(野呂川越)+30分(広河原)+30分(鳳凰小屋下)+15分(ロード)=5時間15分

■補給(カロリー)
・飲み物:合計 3018Kcal
粉飴を溶かした水:500mlに70gを溶かすを6回くらい 260Kcal×6 = 1560Kcal
コーラ:500ml×3、350ml×2 = 990Kcal
オレンジジュース:500ml×1、280ml×2 = 468Kcal

・固形物:合計 2534Kcal
チップスターS 270Kcal
スニッカーズミニ 96Kcal×9 = 864Kcal
カップ麺(馬の背ヒュッテ)340Kcal
月見うどん(北岳肩の小屋)500Kcal
ソフトクリーム(白根御池小屋)220Kcal
カップ麺(広河原山荘)340Kcal

■良かった点
粉飴とジュース(飲み物)を中心としたエネルギー補給でまったく気持ち悪くならなかった(大進歩!)。

■チーム(出島さん)と確認したこと
出島さんの感想として樺澤の登りが遅く感じる。標高が上がった時の落ち具合が大きい。標高の低いところではまあまあだが、標高が高くなるとペースが落ちて出島の心拍は下がってしまう。当初の予定通りチーム装備を樺澤が持った状態で仙丈小屋手前(標高2800m)で樺澤・出島のペースの差を測ったところ出島24分に対し、樺澤30分かかっていることがわかった。チーム装備を出島に移してチーム内のペース差を小さくする。樺澤の荷物を軽量化する(なるべく余計なものを持たない)。


アドベンチャーポッドキャスト企画会を開催。キャンプ地の音の収録でこだわる人たち。火の音、ナベを置く音、ナベのフタを落とす音などなど気に入らないところが都度出てくる。やり直ししすぎてお湯が沸騰していました。

HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ