忍者ブログ
成人式なんて行く価値ないみたいなことを行っていない人が言うのは「行っていないのになぜそう言える?」と思うが、自分の成人式の時のことまったく覚えていないので確かに行く価値ないかもしれない。正確には成人式で覚えているのは遊佐未森のコンサートだったということなので芸能人呼ぶのは正解かも。それなかったら何も記憶に残っていなかったことに。あくまで今となっては。数年は覚えていたのかもしれないけど。

PR


ネパールに行く前に注文してスクールに預かっておいてもらったパラグライダーをようやく受け取って、初めて自分のパラグライダーで飛んだ。風が悪くて2回しか飛べなかったがパラグライダーを受け取って持ち帰るだけにならなくてよかった。自分がレベルアップすれば飛べる状況が多くなるのでがんばります。

初滑りもしないといけないし忙しいな・・・


カトマンズ観光の動画をまとめました。街の様子が伝わればと思います。

去年は何か書いたっけと思って調べたら、去年も何か書いたっけと前年の目標を調べていた。2020年の目標(力を入れること)は以下のようにする。

①英語の勉強
去年から引き続きだが、だんだん勉強時間が減ってきてしまっているため気合いを入れなおす必要あり。月30時間と言いたいが・・・厳しい。

②パラグライダー練習2週間に1度(月2日)
どこまでやるか(どこまでやりたいか)決めずに去年始めたが自分のパラグライダーも買ったし集中してやる時間も作った方がよさそう。天気の兼ね合いもあるから意外と練習の間が空いてしまう。

あとは仕事だけどフリーランス10年目。2020年末でフリーランス歴が一番長く在籍した会社の年数も超えるし、きっちり仕事して10周年をお祝いしたい。

久々のたこあげ with空っち(空っち的には人生初)


エベレスト街道トレッキングの動画をまとめました。

レポートページも完成しています。
http://www.adventure-runner.com/desert/everest/index.html
久しぶりの天文部活動。星空を見るハイキングイベントをやりたいということで講師役をお願いされた企画の実施。前日まで天気予報は晴れ、降水確率0%でかなりの期待をして気合いを入れて機材を用意した。しかし当日家から出るとどんより曇り空。車で芦ヶ久保まで行ったが天候変わらず。

芦ヶ久保駅に集合して、参加者にビクセン社からお借りした双眼鏡の貸出と星座早見盤のプレゼント。15時ごろハイキング開始。ゆっくり登って17時30分ごろ標高差600mほどの丸山展望台に到着。天候は雨にならなくてよかったねという状況で霧が濃く夜景すら見えない状態。ビクセンの福島さんが望遠鏡を持って応援に駆けつけていてくれたが周りは真っ白なので挨拶だけして帰って行った。とても残念。

丸山展望台に上がって星座早見盤の使い方を説明し、みなさんには星座早見盤を見てもらいながら真っ白な空に向かってエア解説をする。そんなことをしていると霧が晴れて夜景は見えるようになった。この場所は大都市から離れているため(なので行くのに時間がかかるが)空が暗いはずなので、有料イベントではなく内輪でもいいので、また計画したい。

久しぶりの天文活動だったのにきちんとできなくて残念だったが、帰りに時間のある人でファミレスに行ってネパール報告をできて楽しかった。

ネパールレポートをwebにまとめました。11/22(金)夜から12/16(月)朝まででネパールに行っていました。動画は目標年内くらいでまとめる予定。後片付けに追われていましたが、ようやく普通の生活スタートできる感じ。リビングにクリスマスの飾りつけ代わりにタルチョを飾っています。

ネパールレポートweb(写真はクリックで拡大します)
http://www.adventure-runner.com/desert/everest/index.html


 



モンベルみなとみらいでおこなわれたユーコン説明会(ユーコンを知ってもらうためのイベント)に参加してきた(聞く側です)。一番前に座っていたので後ろの様子はわからなかったが立ち見が出ていて(30人くらい?)半分程度はユーコンに行ったことがある人らしい(行ったことある人?と問いかけて挙手していた)。何人かのスピーカーがトレッキング、カヌー、写真撮影などテーマ別に2時間くらい話しをした。聞きながら次はいつ行けるかなあと考えていた。行きたいのはやまやまだが他に行くべき場所もあり優先順位が難しい。冬以外にも行きたいが、やっぱり行くなら冬かなとも思うし。ユーコンは秋がベストシーズンらしいのでぜひ秋に行ってください(ユーコンの秋は8月下旬から9月上旬です)。個人的には冬に行ってほしいけど。。。濃い目の人たちにも再会できてよかった。


ネパールのパッキングをしてみた。こうして装備のパッキングするのはなんだか懐かしい気分だ。装備選択のテーマはガイド・ポーターなしで一人旅が成立することを目標にした。自分一人にガイド・ポーター付き(ポーターは食事係もしてくれるみたい)の貴族的な遊びだけど、安全のためにそうしただけで、本来はどこまで自分でできるかというのは重要だと思う。

またサブテーマとしてできるだけ新たに買わず家にあるものでなんとかすることにした(そもそも普通のお家ではないという噂)。冬装備でもあるので、どのくらい重くなるか心配だったがパッキングの結果パソコン入れても16~17kgくらい。今回はポーターが荷物を運んでくれるけど1人で行こうと思えば行ける気がする。

あと裏テーマとしてはガイドと2人になることが多いと思うので英語研修ですかねー。いちおう日本語ができるガイドがいいとリクエストして(話が通じなさすぎるとガイドに悪いから)少しできる人みたいだけど、できるだけ英語で話してもらおうと思っている。
何回目かわからなくなってきたが空っちをスケートに連れて行く(4回目?)。だんだん慣れてきているはずなのにアップがてら連れて行ったちびっ子(初心者)リンクでも壁にしがみついてゆっくり移動しているだけで退化していた。無理させても仕方がないので自分はちびっ子のフィギュアスケート教室を見ながら動きを真似して練習することにした。しかし全然同じようにできない。上手なちびっ子とコーチの動きを観察して練習をしていると少しは進歩した気がする。空っちはずっと壁に張り付いていたが、小学生のお姉さんの後を追って走り始めた(モチベーションがそこか・・・母親似)。お姉さんはちゃんと滑れるのでまったくついて行けないがずっと追いかけ続けている。走り続けていれば体力もバランス感覚もつくし、そのうち自然に滑るようになるので放っておいて自分の練習をしていた。

同じ動きができない一因としてスケート靴がレンタルなのがだめな気がする。明らかに滑りが悪くシューズもふにゃふにゃで操作がうまくエッジに伝わっていない感じ。どうせまたスケートに来るので自分のスケート靴を買ってレッスンも受けてみたい気がしてきた。せっかくだからレベルアップしたい。ネットでスケート靴を調べたらスケート場に入っているショップでレッスンを受ける初中級者向けで3万円だったので、ナイキヴェイパーフライネクストを買ったと思えば全然ありだと思った。

空っちは「無理、追いつけない」と言って、れなっちに「あきらめちゃダメ」と励まされていた。
HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 3 4
7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ