忍者ブログ

結婚5周年&誕生日でうかい亭(あざみ野)でディナーしました。記念日の食事は年に一度の贅沢でうかい亭が定着しつつあります。

PR

45歳になりました。そして結婚5周年。四捨五入したらなんとアラフィフ。

最近はすっかり自分の残りの時間(人生)から逆算して、あと何をやりたくて、何をやらないか考えるようになってきている。今までの延長で続けていることの前提を見直してみようと思っている。すごくやりたいこと以外をやっている時間はたぶんないという考え方。わかりやすいところだと、走ることの時間のかけ方が少し変わってくるかもしれない。いままでは走ることについてレースにはあまり出ていないものの(一発が大きかったが)明確な目標を作って走っていたが当面は目標なし。なので練習もどれだけ必要という目標もなし。そんな感じで自由にやってみようと思う。ただPTLが終わってまだ一カ月だが、どうやら全然走らなくはならなさそうで、意外と?走るの好きかも(笑)

仕事ももっと幅を広げたいし、英語できるようにならないといけないし、他にも勉強したいことや、別のスポーツをやってみたいとかもある。その一方で、またオーロラ見ながらレースしたいとか、ロングトレイルを走りたいとか少し思っているのも事実。優先順位を調節しつつ自分をモデルチェンジしながらやっていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします

来年(2019年2月)にYukon Arctic Ultraの430マイルを再び計画していましたが、なんと!英語力不足でエントリー不可になりました(恥)今年のレースがあまりに厳しいことになったので英語でスムーズにコミュニケーションが取れるということを厳格にせざるを得ないそうです。そこでこれを機にレースは終わりにすることにしました。8月のPTLを最後にしようと思っています。

次のステップは英語の勉強をして自由に旅行できるようにすること。今は行きたいところへ行くことはできても「自由に」とはとても言い難い状態です。理想的には自分の好きなスケジュールで好きな場所を走ったり歩いたりしに行けるようになるといいです。今まではレースという添乗員付きパッケージツアーのような形であちこち行ってきましたが、自分でやれるようになりたいと思います。

PTLまで残り3カ月ちょっとは体力作りを最優先にがんばります。
明日は引っ越しです。持ち家になるので実家を出てから17年の放浪生活も終了になります。結果的に放浪になったけど、17年前は実家を出て松本に住んで永住するつもりだったので人生どうなるかわかりません。ここで過去の居住履歴を振り返ってみます。1年以内の居住履歴は自分の意思に反してなので荒んでいましたね。その一方で期間短いのに、その場所の山サークルに参加したり、客先のランニングサークルに参加したり、行く先々で友達を作っていたので我ながらアクティブでした。深くやっている趣味があると仲間も作りやすくてよかったです。そのうち家族で過去に住んでいた場所を訪ねる旅をしたいと思います。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区(実家~2001年6月)
長野県松本市南浅間(2001年7月~2008年3月)
愛知県半田市上池町(2008年4月~2008年9月)
長野県塩尻市大字大門(2008年10月~2009年9月)
栃木県宇都宮市中岡本町(2009年10月~2010年6月)
栃木県塩谷郡高根沢町宝石台(2010年7月~2010年9月)
長野県塩尻市大字大門(2010年10月~2011年3月)
埼玉県戸田市笹目北町(2011年4月~2013年8月)
埼玉県戸田市大字新曽(2013年9月~2015年5月)
神奈川県横浜市青葉区(2015年6月~2018年2月)
神奈川県横浜市青葉区(2018年3月~)

※うちの車名古屋ナンバーなんですが、たった半年住んでいた愛知県で車を買い替えたのでいまだに愛知県に自動車税払っています(笑)
郵便局の社員研修で講師をしてきました。2カ月ほど前にまさかのご依頼をいただき社員研修で6633 Arctic Ultraの話をすることに!
 
定期的な研修で前回の講師のお話しから得たこと実践したことを1人ずつ1分間スピーチをするというプログラムの次に今回の講師の私の話という流れです。1分間スピーチは緊張感があり、その後の私にもプレッシャーがかかる(笑)だいたい私の砂漠・極地の話は長くなって時間制限があるときは最後は巻いて巻いてなので。スライドと動画で話を進め考えていた構成を省くことも巻くこともなく予定時間1時間のところ1時間5分でフィニッシュ。1分間スピーチ換算だと1分5秒なのでなかなかの成績か?それから質問を受け付けて合計1時間20分になりました。きちんと仕事の学びに結びつく要素も入れました(つもり)。
 
その後懇親会に参加。身近にあっていつも利用しているだけに、郵便局の飲み会に自分が参加しているって不思議な感じ。懇親会でもたくさんお話ししましたが、帰宅して一番記憶に残っているのは「20代のときにやり残したことってありますか?」という20代の方からの質問。ちょっと考えて20代のときにやり残したことなかった(笑)20代後半ってスキーの練習するために転職して長野に引っ越したときだから全力でやりたいことをしていた。もしやるかやらないか悩むことがあったら、それは悩んでいる時点でそこまでやりたいことじゃないからどっちでもいいのかもしれない。やらずにいられないことを全力でやるって感じかなと思った。
 
今日だけで終わってしまうのがもったいないくらい楽しかった。そのうち郵便局に行ったら今日会った人に「あっ!」って言われるかもしれないな。楽しみ♪

大学の恩師の告別式へ行った。大学を卒業してから20年たったが、1~2年に1度くらいお会いしていて、前回から時間がたったのでそろそろと計画している中での訃報だった。自分の代と1こ下の代の先生の研究室学生は何かと先生の部屋に出入りしていて(卒業後もw)、先生からも一番楽しかった時代と言われる世代。通夜にも何人か参列し、今日も懐かしい(というかいつもの)顔ぶれがそろう。20年前の学生が一般参列の一割超え。学生のときはこんな日が来るとは思っていなかったが、これだけ長い間お付き合いさせていただいたことは財産。自分も次の世代に何かを残せる人にならなければと思った。

告別式の後は研究室メンバーとファミレスへ。13時に入ったのに気が付けば16時過ぎ。写真を見ながらの思い出話が楽しかった。中心の先生はいなくなってしまったけど、2年に1度くらいは集まれればいいと思う。

※写真はイメージです。研究室メンバーは一般人なので私のブログではぼかしておきます(笑)


  

※1 横浜駅。高島屋と天理ビルは健在だがまわりがまったく違っている
※2 クイーンズスクエアは建設中。現在はさらにこの地下に東横線の延長のみなとみらい線が走る。観覧車も水路をはさんだ反対側に移設された。
※3 横浜スタジアム方面はあまり変わっていないように見える。

昔の写真フィルムはもう捨ててもいいかなと思いスキャナで読み込んでPCに取り込みをしている。フィルムの保存状態も悪いし現像の調整もしていないからいかにも古い写真という感じになっている。

次々と昔のあまり見せたくない写真が発掘されているが(笑)1994~1995年の横浜(みなとみらい付近)の写真が今と全然違っていて風景に更地が多い。当時は十分観光地化して楽しいところだと思っていたが、さすがに20年経つと全然違うな。もっといろんな場所を撮影しておけばよかった。

最近ふと気がつけば人生の終わりから逆算して、今何をしておくべきか考えることが多く、昔の写真を見るともうずいぶん時が流れてしまって、人生の残り時間は決して多くはないとしみじみしてしまった。かといって過去のどの時点にも戻りたいとかまったく思わないのだが。



※4 現在のワールドポーターズ付近が更地。右端に赤レンガ倉庫が写っている
※5 桜木町駅の前には何もない

区役所に行って新キャラ登録(出生届)をしてきました。名前は空(そら)に決まりました。男の子です。ちなみに名前を決めるときの次のように決めました。「空」自体はれなっちがお名前候補として上げた中に入っていたものですが、私にとってもうまくストーリーを描けたので「空」に決めました(ユーコンでレースしながら)。

(1)シンプルで誰でも読める
(2)英語にしたときに外国人に覚えてもらいやすい => 英語名sky
(3)自分にとって思い入れのある言葉・イメージ => 天文・気象など空を見上げる趣味が多かったので
(4)将来は宇宙進出 => 走らなくていいけど、英語、物理、数学はちゃんと勉強してほしい(←私ができなかったこと)

それから、れなっち&空をれなっち実家に送り届けました。生まれてから1週間でも動きのバリエーションが増えて進化を感じられるので、明日から2週間のナミビア出張中にどんなふうに変化しているか楽しみです。


朝起きたられなっちが陣痛始まったかもと言う。これから少しずつ強くなっていって数日すれば生まれるらしい。昼前に陣痛の間隔が短くなって痛くなってきたと言う。病院に電話してこれから来てくださいとのこと。れなっちの入院の荷物を車に乗せて、万一このまま出産になってもよいようにカメラやビデオも持っていく。うちの両親が13時に自宅にナミビアに持っていく薬を届けてくれることになっていたので、病院に来てもらうように伝える。

13時過ぎに病院到着。両親も来ていた。ちょっとだけれなっちに会って、れなっちが診察を受けたらこのまま入院するということになった。しばらく様子を見たところ「今日生まれそうですね!」ということになり、そのまま出産へ。動けるタイミングを見計らい16時ごろ分娩室に入る。

立会い出産なので一緒に分娩室に入ってお手伝い。本格的にはじめたのは16時20分すぎ。準備をしている間外で待っていて分娩室の扉の写真を撮った時間が16時20分で記録されていたので。助産師さんがすごく順調です、進みも早いですよ、といいながらやっているので、すぐにポンと出てくることを期待したがそううまくはいかず普通はかなり時間がかかるものらしいので深夜までに出てくれればという感じ。0時から客先サーバーのバージョンアップ作業をしなければいけないのでそれまでに出てくれれば(作業自体はPCを持ってきたので病院からでもリモート接続でできる)。

18時30分ごろ、あと少しです、19時には終わりますよと言われた。お腹も空き始めたし、あと30分か!と気持ちが楽になった。れなっちも体力的に心配だし。そこからはあっという間で18時39分に誕生!
3112グラム。分娩室入ってから2時間30分くらい。あまりにもれなっちが必死すぎるので撮影していいものかわからず誕生の瞬間は写真も動画も撮らず。

生まれたての赤ちゃんは意外なほどおとなしく、くしゃみをしたりあくびをしたりして寛いでいた(笑)無事に生まれてくれてよかった!

4日間連続のサハラ、ユーコン対談終わりました。ご来場くださった皆さまありがとうございました。毎日やっても誰にも相手にされない日がなくて良かったです。自分が楽しく遊んだ結果が何らかのプラスになったら嬉しいです。

上記はfacebookに書いたあたりさわりのない文章ですが(以下も問題があるわけではありませんけど)、このイベントの個人的な裏テーマとしては、「知り合いではない人にどのくらい届くか」でした。それで今回の相方の加藤氏にも申込み受付直後から「知り合いではない人の人数がこのイベントの真の実力」と話をし、また加藤氏が働いていて私も講師を務めたこともあるJSBMからもメーリングリストなどでの組織としての露出もありました。

そして結果どうだったか。ほぼ(100%?)私か加藤氏かの知り合いでした。平日夜の4日間連続という条件の割には毎日定員近い人数来ていただけて一見成功ですが、知り合いばかりというのはご祝儀であり仕事としてはまったく成り立たないことを意味しています。私はイベント運営で生計たてようとは思っていないので支障はありませんが、まわりに「スポーツをビジネスに」という人が多いので成り立つものなのか気にはなります。

ただ今回のようなコラボイベントは私の友人に加藤氏を紹介する、加藤氏の友人に私を知ってもらうという意味ではとても効果的に働きますね。人のつながりを作るという意味で非常によいイベントだと思います。

こういう方面で長い期間にわたってやっていけてる人ってすごいなと改めて思ったし、やっぱりネットでイベント情報ばらまいたくらいじゃ人は集まらないよなと思ったのでした。ネットって掲載しただけで全世界に撒いている気分になるから危険。気分になっただけでよほどのファン(多くは友達や直接面識がある人になりがち)以外絶対見ていないし。私だって自分で登録したメルマガでさえよほど暇なときしか読まないから・・・。

ネット環境やランニングブームで一見仕事として成り立たせるチャンスが増えたように見えるけれど、実はアマチュアが趣味が高じてちょっと何かするにはいい状態になっているだけで、職業にするには相当厳しい状態じゃないかなと思います。

HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 4 6
7 8 9 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ