忍者ブログ
  
山岳スキー(skimo)の練習会に参加した。skimoの道具がどんなものなのか興味があったので小野くんに道具を見れるところがないか聞いたらいきなり練習会へ。一般に出回っていないのでskimoをやる人が集まる場所に行かないと見れないようだ。自分は以前スキーヤーでもあったので、たぶんすんなり対応できると思ったのでいきなり参加は特に不安はなかった。むしろskimoの板を履けるなら見るだけよりずっと多くのことがわかるはず。

練習会前日に主宰者の方にレンタルをお願いして現地へ。装備は恐るべき軽さ。板はペラペラで頼りない。道具の説明をしてもらい地面のギャップに正面から突っ込まないように(板が折れるので)と注意を受ける。コブ斜面とかは無理ですな(笑)登りの性能重視ということでシールを付けて登るのは本当に楽。逆に滑るほうは雪の状態がいい場所は気持ちよく滑れるが、荒れて凍っているところなどは最悪。レンタルブーツが合っていないことも加わって振動で足が痛い。skimoをやる人は基本的にはレースに出るようで「レース全然出れますよ。出ましょう!」と何度か言われたが特にレースに出たいとは思っていなかった。もし面白い道具であればスノーシューに代わって山遊びに使いたいなと思っていたくらいで。

持久系とスキーのスキルがあればいいので、スキーができるランナーとアドベンチャーレーサーはかなり楽しめると思う。トレーニングにもいいし行動範囲が広がる。ただスキーがボーゲンレベルだとスキーをしっかり練習しないといけないので、ほんとに楽しめるようになるにはかなりの時間とお金の投入が必要になると思う。

私は今のところお金のかかる趣味は増やせないのでskimoはこういうのがあると知っただけでOKかな(社会勉強)。楽しかったけど何でもかんでもやっていたらいくら時間(とお金)があっても足りないし。それでも経験がゼロなのとイチなのとでは全然違うので練習会に参加できてよかったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 17 18 19
20 22 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ