忍者ブログ

私だけchampex(47km、自分のGPSでは54km)切り離してあとの2人でレースを続けています。爆死(両足膝上内側の激しい痛み=筋肉痛?)した私をchampexまで連れて行ってもらったので(荷物全部持ちとかで)時間が押したので制限時間ぎりぎりまで睡眠を取ってから出ていきましたがスピードにゆとりがあるので巻き返して完走の可能性もあると思います。

最初はゆとりを持って完走できると思われる真ん中あたりのポジションを狙って走り始めました。ちょっと早すぎるかなと思ってGPSトラッキングを見ると真ん中あたりでした。スタートから数時間後の1300mくらいの一気登りで両足膝上内側がつったようになりペースダウン。電解質投入で少しましになりましたが結局そのときの痛みが取れることはありませんでした。

2本目の1000mアップでは登りで足が出ていかないので装備をどんどん若岡さんに移して軽量化。3本目の1000mアップの後半はザック自体を若岡さんが引き受けて空身。3本目の登り始めくらいでは真ん中へんを走っていたときに一緒にいたチームがまわりにいたので休憩の短さとかで挽回していたと思われ、その間に治ればよかったのだが。

3本目の登りラストあたりで日没になり出島さん、若岡さんに自分はchampexでリタイアするから2人で行ってほしいと伝える。仮に荷物のほとんどを持ってもらった状態で自分も完走したとしても完走しましたとは言えないし。それだったら余裕のある2人で完走を目指してもらったほうがいいと思った。

champexでは日本人スタッフがいてお世話になり(去年たけぷーかリタイアしたときにお世話になった人のような)PTLのchampexリタイア約30人輸送する車が手配されたので楽に帰れます。リタイア決めたときは電車で帰るか、山を歩いて帰るかと思っていましたが。

これでレースは終わりにしようと思っていたのでリベンジとかはありません。去年今年とPTLに出て形には残せなかったが、出島さん、若岡さん、ポーリン、たけぷーとチーム活動できたのは楽しかったです。

写真1枚目は今回3回目のロング登りが始まるところの売店。ここは去年ポーリン、たけぷーとも登っていて懐かしかったです。去年はこの登りでチーム装備プラスの荷物を私が引き受けて登っていたのに今回は逆でほぼ空身。なんでこうなった。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ