忍者ブログ


夏からだいぶ時間が経ったけれど、Team白樺・富士登山駅伝部の打ち上げ。走りで快進撃している人も、それ以外のことで奮闘している人も元気にがんばっています。私はこの冬は他のことを優先して走ることはおとなしめにしますが、来年の富士登山駅伝はレギュラー取りに行きます。そのためにも落とし過ぎないように、ちゃんと戻ってこれるように摂生して走ります。体重の増加が止まらずマジでやばい。なんとかしないと・・・(人生最大体重をちゃくちゃくと更新中)。
PR


5〜6年前の知人がスカイランニングワールドシリーズの参戦報告会をするので参加してきました。私はレースは非常に数を絞ってしか出たことがないので、次々と転戦するというのはただただすごいと思うばかりです。この報告会で聞きたい(知りたい)と思ったことは、ばっちり聞けました。報告会終わって話しかけてみたら覚えていてくれてよかったです。何しろ5年以上ぶりなので。今後の活躍も楽しみです。
某レースの義務装備でメーカーまで指定されているものがあり、そのメーカーのものを持っている人いませんか?と某つながりから連絡が回ってきた。借りたい人は借りた指定メーカーの装備で装備チェックだけ通してレース中に必要になった場合は、某国内メーカーに提供されたものを使うという。

その装備自体はありふれたものでメーカーがどこのものを使っても大して違いがないので、そもそも某レースの義務装備の指定の仕方がおかしい。自分が某主宰者のレースに出るときにもたびたび疑問を感じる義務装備の指定の仕方があったのだが、質問しても取り合ってもらえないので「この人たちはアウトドアを知らない人たちだから仕方がない」と思うことにした。

主宰者がちょっと変なのは(一部が変なのであって全体で見ればよい主宰者です)変えられないし、不満があるなら出るなということでいいと思うのだが、装備を借りたいと言っている人の行動が残念だと思った。主宰者になぜこのメーカーでなければいけないのか、なぜ自分が提供されたものではいけないのか言うべきで、それを言ってだめだったなら従ったほうがいいのでは?と思う。おかしいと思っているから装備のすり替えを計画しているわけで。

某国内メーカーに提供された装備はメーカーが力を入れてオリジナルで開発するようなものではないし、海外生産のOEM品だし・・・なのでメーカー(販売者)が違っていてもまったく同一の商品ということもありえる。某国内メーカーの提供してくれた人も不正をして使ったと聞いたらいい気分にはならないだろうと思う。

たった数千円のために大っぴらに言えないような出来事を作ってしまうのは本当に残念だ。

 
新潟県マラソン選手権大会結果
3時間3分57秒
ラップ 20'43, 20'50, 20'46, 20'47, 21'22, 22'19, 21'33, 24'50, 10,44

お友達(大学同期)は2時間56分24秒で完敗でした。3時間切りたかったけど甘くないですね。それにしても去年今年となんか体の様子が違う感じがあるので、私に年齢の近い40代のみんなは記録狙うなら今すぐ必死でやったほうがいいかも。ある日急にスイッチオフになる日が来ます。本当に。(こんな日がやってくるなんて〜)
新横浜公園回廊夜練。今週末のフルマラソンに向けて刺激入れ。自分が今どのくらいで走れるかわからないため、少しでも楽に走れないかいろいろ試し、休み休みの変なメニューになった。

940m×5=4.7km, 18'34 (3'57/km) 苦しかった
940m×2=1.88km, 7'06 (3'46/km) 突っ込み過ぎ
940m×3=2.82km, 11'22 (4'02/km) 苦しくなかった。余裕はない
940m×1=0.94km, 3'34 (3'48/km) 脚に来てる感じ

km4分でフルが無理なのは確実。でも3時間以内ならこれより1kmあたり15秒遅くていいのでなんとかなるかも。やっぱり筋力は落ちていると感じ、走った距離は裏切らないってほんとだなと思った。
 
今日(土曜日)はぶらりお出かけ。

川崎のヨドバシカメラの店頭(カメラ売り場)で小貝さんがカメラのセミナーをするとfacebookに書いていたので参加。ユーコンでの撮影のお話が盛りだくさんで60分超え。引き込まれるお話でとても面白かった。このお話が無料で聞けてしまうのも凄いし、自分もこんなふうに話せたらなと思うが、この域はちょっと無理そう。。。ちなみに明日(日曜日)も13:00, 15:00, 17:00でやっているそうです。自分もまたユーコン行かなくちゃなー。

その後、大学メンバーと品川駅で待ち合わせて学祭最終日の大学に潜入。先生のところにちょっと顔出す感じかと思っていたらガチで宴会準備の買い出しをして先生の部屋へ。学生のときと建物自体が建替えられているため中のことは何もわからず心配ですが、毎年のように顔を出している同期に着いて行きます。それにしても学生時代には、卒業から20年以上経っても先生の部屋に突撃しているとは想像もつかなかった。去年亡くなってしまった研究室の先生に学外で会うことはあったが、さすがに現役学生のいるところに突撃するのは気がひける。

卒業してこれだけ時が経つともはや先生と学生ではなく社会人対社会人なので、お酒飲んで一つ下の卒業生が先生に「視野が狭い!」とか説教していました(笑)今になってわかる当時の先生の苦労や仕事への力の注ぎ方もあるし、なんかいい関係だなと思った。


2011年に長野暮らしを終えて東京近郊に帰ってきた時の最初のお友達グループとお食事会。メンバーの1人がロンドンに引っ越ししてしまうのでよい機会として久々に会ってみた。空っち(息子ね)はお店に着いたときは機嫌最悪でしたが姉さんたちに遊んでもらって楽しく過ごせました。

最初なんで走ったり山に登ったりして知り合ったんだっけ?と話したら、2008年のリーマンショックがショック過ぎてやり場のないエネルギーを走ったり、金髪になってみたり(笑)していたんだそうな。その後2011年に東日本大震災があったときにランニング&サバイバルをテーマにしたイベントを作っているときに、お友達(ウルトラマラソンの井上真悟選手)つながりで知り合ったのでした。(厳密に言うと知り合ったのは震災の少し前)

ちなみにこのメンバーで企画した地図読み講習(私が講師)で参加者としてやってきたのが、うちのヨメさん(れなっち)です。

追記:このお店(青山杏亭)のシェフもこのメンバー経由でつながったので、このお店で集まるのは必然でした。





DIVAS山を走るお仕事。きむちゃんと宮ケ瀬へ下見。最近3~4日に一度しか走っていないので走るときはなるべく負荷を上げる。今日に限ったことではなくきむちゃんと走るときはせっかくの機会なのでできるだけがんばることにしているが。12月1日(1か月後)のトレランツーリングに使うコースでコース状況と当日の時間配分の感覚をつかむ。景色もいいし、登りは激しく、下りはゆるめで走りやすいとてもいいコース。夏はヒルが多いらしく来れないのが残念だ。本番では走った後でクリスマスイルミネーションを見て帰ります。きむちゃんが宮ケ瀬湖からバスに乗らず10kmくらいロードを走るというので一緒にロードを10km走ってからバスに乗って帰った。よく走りました。

<DIVASイベント情報>
FUN FUN メリークリスマス・トレイルラン:お申込み期限11/26(月)
https://www.adventure-divas.com/…/12-1-ff%E5%AE%AE%E3%83%B…/

<動画>
Gopro7で撮影
https://youtu.be/406L_kBmjPc?vq=hd1080



ロゲイニング菅平高原、運営2日目。菅平自然館のエイドを引き継ぐため23時40分に起床(睡眠1時間)。高島さんの車でエイドに行く。服装はヒマラヤンパーカーを投入したユーコン・マイナス40度でのビバーク装備。しかし普通のシューズしか持っていなかったためつま先が冷えて辛かった。午前2時までは全然競技者の立ち寄りがなく「暇ですねえ」と話していたが、2時過ぎから4時までに4~5チームがやってきた。山は良く冷えているようで競技者はエイドでカップラーメンを食べて生き返って再び山に向かっていく。4時にたけぷーと石曽根くんがエイドの引き継ぎに来たため交代してホテルで睡眠。7時にフィニッシュの準備をするので、6時40分まで2時間ほど寝る。


8時ごろから(競技開始14時間)フィニッシュしてくるチームが現れてフィニッシュ手続き、点数集計が始まる。同時刻、菅平自然館と菅平牧場のエイドは閉店しスタッフは遠方のCPから撤収に入る。CPは誰がどこを撤収するのか、何時に撤収開始してよいのか(競技者がもう来ないことが確認できなければいけない)、フィニッシュ会場の人手は足りるか、運営が一番複雑になる時間帯。


9時に全チーム遅刻無しでフィニッシュし点数集計と順位の確定を急ぐ。9時30分に表彰開始。今年は表彰式終了時点で全チームの成績一覧をwebにアップしメールでチームにリンクを送付。PDFで記録証もダウンロードできるようにした。そのため会場での印刷物はゼロ。点数集計がいまだに手計算なこと以外はだいぶ効率化できたと思う。


解散後はスタッフの思い出話を聞きながら全スタッフが撤収から帰ってくるのを待つ。13時から白樺荘で昼食。14時前にスタッフ解散。ただ自分はせっかく菅平に来て天気がいいので根子岳に登ることにし、未撤収の3つのCPをたけぷー、石曽根くんと回収して、そのついでに3人で根子岳の山頂まで往復した。運動不足解消のためにがんばって走った。18時前に白樺荘を撤収し23時に帰宅。帰りの運転はハイウェイオアシス藤岡で力尽き、そこからたけぷーに運転してもらった。


みなさま(競技者もスタッフも)お疲れ様でした。


ロゲイニング菅平高原、運営1日目。早朝に出発したものの関越自動車道が乗用車の事故&火災で通行止めになり1時間以上車が動かずにスタッフ集合時間に遅刻。あと10分早く事故現場を通過すれば通行止めを避けれたがあと10分早かったら事故に巻き込まれた可能性もある・・・。事故した車は大破してタイヤなど部品が散乱していて、そこからかなり先で車本体が黒焦げになっていた。


集合時間に30分ほど遅れて白樺荘に着くと早く到着したメンバーで作業を進めてくれていて、実行委員長はもうやることないっすよという状態。暇になるなら1つCP付けてきてくださいと言われて1ヶ所だけCP設置へ。菅平高原は紅葉が真っ最中でとてもきれい。まずは地図だけで設置予定の場所に行ったが、ここだというところに目印の岩がない。GPSで確認してもここなんだけどなというところの周辺を探すと10mくらい離れたところに岩がごろごろ転がっていた。シダ植物の根元に隠れていて見えなかった。近くの木にフラッグをつるして完了。


白樺荘に帰ってしばらくすると設置メンバーが帰ってきて藪の中でスマホを落としてしまい探しに行ってきますというので面白そうだから一緒に探しに行く。たぶんこのルート上とヒントをもらってスマホを探す。奇跡的に藪の海の中でスマホを発見。夕方から受付・競技説明・スタートとあわただしくなり、しかしスタッフの動きが素晴らしいので実行委員長は大してやることもなく。改めて毎回スタッフしてくれる友人たちに感謝。自分だけの力やスタッフが全然違うメンバーに入れ替わってしまったらこの大会は成り立たない。


18時にスタートすると参加者たちはきれいにいろいろな方向に分散して行った。それぞれがもっともよいと思うCPの周り順を考えた上で、あらゆる方向に向かってスタートするというのは面白い。参加者は明日の9時まで15時間地図とコンパスでナビをして山の中を歩き回る。


とりあえずわずかなチャンスでも睡眠を取って出番に備えます。参加者からの電話で起こされませんように・・・(緊急の連絡が来る=トラブルなので)


«前のページ]  [HOME]  [次のページ»
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
プロフィール
HN:
かばっち
HP:
性別:
男性
職業:
system engineer
自己紹介:
なぜか砂漠にひかれサハラ・アタカマ・ゴビ・南極でおこなわれたレースに出場。これからも世界の絶景を見に行きたい。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
3 4 5 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/24 まー太郎]
[02/13 鈍足]
[02/13 NONAME]
[01/31 asa]
[01/30 鈍足]
ブログ内検索
カウンター
アーカイブ